• 山田

R&Bホテル

最終更新: 7時間前


以前仙台に行った時R&Bホテルのバリアフリールームに宿泊したのですが、ちょっとこれがバリアフリーを謳うにはツッコミどころが多かったので書いておこうと思います。


ただ最初に言っておきたいのは、現在の日本において低価格のビジネスホテルにバリアフリールームを設けてある事自体が大変貴重だという事。


このホテルがダメだと吊るし上げているのではなく、いいホテルなのに折角の心意気が非常に勿体無いという話です。



部屋に入ったところから撮った写真。

通路幅がかなり広く取ってあります。

入り口は開き戸。車椅子としては引き戸の方がいいけど大概のホテルのバリアフリールームも開き戸多いですね。




バスルーム前にシャワーチェアーが置いてありました。











ベッドには手すりが付いてました。縦に起こして使用します。










そして。。




これが問題のバスルーム。

まず開き戸。バスルームはやっぱり引き戸にするべきです。引きしろも十分あります。


便器へのアクセスが全く考えられていません。

狭い入り口を入って真正面に車椅子をアプローチする感じ。

ほとんどの車椅子ユーザーは便座に移乗できないでしょう。


バスタブがないのはよしとしても、洗面所までの幅が狭すぎ。

洗面台は小さい上に位置が高過ぎ。

洗面台上の鏡も高過ぎて車椅子では全く使えません。


横の鏡はかろうじて見えるので横を向きながら使いました。

僕の車椅子は平均的なものよりも幅が狭く高さも高いので、ほとんどの車椅子はもっと使いづらいでしょう。


鏡の横の手すりもよく意味がわかりません。

掴まり立ち用だとしても高過ぎると思います。




そして極めつけが水勾配のためにつけたであろうこの段差。

この写真で見ると左側のカーテンと便器の幅が広く見えますが、実際は斜めに入るのでかなり狭いです。


OXなどの標準的な車椅子の幅でギリッギリだと思います。


例えば洗面台を使うときは片輪だけ上に乗っかった状態になるし、もちろん中で回転できないので出るときはウィリーしながらバックしないとなりません。








最初の画像に戻りますが、これだけのスペースあるならもっとバスルームのスペースを取るべき。











こないだの福祉機器展でみたこんなユニットバスなら全然使いやすそうですよね。








このR&Bホテル、土曜日に宿泊しましたが一泊8千円でした。

清潔感もあったし、焼きたてパンが売りらしいのですが、朝食に関してはほぼ満点でした。

4種類位の焼きたてパンの他、ゆで卵やスープバーなんかもあって、車椅子には大敵のバイキングにもかかわらず3往復ほどしてセットアップしました。


結構いいホテルだったので尚更バリアフリールームが残念でしたね。

スペースがないわけではないので知識がないのだと思います。


毎回同じような結論になるけど、

設計の段階で利用者の意見をもっと聞くべき。


それをやるだけで全然いいものが出来るし、そんなにコストが上がるわけでもない。

とりあえず作りさえすればいいという考え方は誰も得しないし非常に勿体無い事だと思います。


あともう一つは朝食バイキングに車椅子の人が来た時に、スタッフに「お手伝いしましょうか?」など一声かけるよう教育をした方がいいと思いました。


自分が車椅子なのでこういう事言うのは図々しく思われそうですが、僕が健常者でも同じ意見です。


せっかくいいホテルなのにちょっと勿体なかったな、と言う話でした。



0回の閲覧

© 2018 株式会社秀邦

  • Facebook
  • Instagram